PS3・PS4は無線でも楽しむことが出来るのか?

WiMAX端末への接続は、無線LANの使用が基本です。

 

PS3は時期によって様々なモデルが存在しますが
1つだけ無線LANが内蔵されていないモデルがあります。

中古で購入する場合などは注意が必要です。

 

PS4は全て対応しているので心配いりません。

 

快適に使える?

通信はできても、快適に遊べるかが気になります。

 

インターネット

PS3、PS4はゲーム以外にWEBサイト閲覧や動画(youtubeなど)も楽しめます。

 

これらは、通信への負荷も低めなので
PS3、PS4とWiMAXの組合せでも快適に楽しめます。

 

ゲーム

では肝心のゲームはどうでしょうか。
ゲームといっても、様々なジャンルのゲームがあります。
ネット通信の頻度もソフトによってかなり異なります。
通信頻度が多いゲームほど回線に負担がかかりますが、
ほとんどのゲームで問題なく遊ぶことができます。

 

ただ、一部の特に通信頻度の高いゲーム、シビアなタイミングが求められるゲームだと厳しい可能性もあります。
例えば格闘アクションやFPSゲームなどです。
遊ぶことはできますが、微妙な操作の反応がずれてしまう可能性があるので
少しミスが増えてしまうかもしれません。

 

有線接続で回避

ここで重要なのは通信速度でなく、通信の安定性です。

 

無線は有線よりも不安定になりがち。
家電製品の影響を受けることもあります。
なので、WiMAX端末とPS3、PS4を有線LANで接続することで緩和できる可能性もあります。

 

WiMAX端末には有線LAN接続が可能なクレードルが使えるものもあるので、
そのような機種ならタイミングのずれが気になった時も解決できる可能性があります。

 

また、アドホックモードを使用するゲームも無線LANでは遊べません。
この場合も有線LANを使う必要があります。

 

現在流通しているWiMAX2+の機種は有線LAN接続のクレードルが使えるものがありません(充電だけは可能)。
なので、通信頻度の高い、タイミングが重要なゲームを楽しむ場合は、
室内の通信に気を使うか、無線LANの電波を安定させる為の中継機(実売価格で3000〜5000円程度)を
導入するなどの対応策が必要になります。

PS3・PS4をWiMAXで楽しむためのプロバイダランキング

とくとくBB

とにかく手軽に始められるのがとくとくBB。WiMAXでもWiMAX2+でも初期費用は0円です。
無料端末もWiMAXは3種類から選ぶことができます。(WiMAX2+は1種のみ)
PS3、PS4に利用するならクレードルのある機種がおすすめ。
「Aterm WM3800R」か「URoad Aero」なら、クレードルに有線LANの端子があるので、より安定した品質でゲームが楽しめます。
とくとくBB

ビッグローブ

初期費用で3000円(税別)かかりますが、端末はWiMAXもWiMAX2+も0円。
WiMAXは2種、WiMAX2+は1種の端末が用意されています。
WiMAX機種の「URoad Aero」は無料でクレードルも申し込めます。
WiMAXのもう1機種「URoad-Home」は据え置き推奨のホームルーターモデルで、有線LAN端子が2つあるのも特徴。
通信品質にシビアなゲームを楽しみたい方なら、有線接続可能モデルの方がおすすめです。
ビッグローブ

ニフティー

ニフティーのサイトでは、WiMAX2+のプランがメインに掲載されています。
なので、WiMAXはよく探さないとわかりにくいかも。
WiMAX2+端末とNexus7がセットで1円なのは魅力的です。
ゲームをしながらタブレットで攻略情報もチェックというのも便利かもしれません。
WiMAX2+はまだ未対応のエリアもありますが、WiMAXの回線も使えるので不便はないでしょう。
ただ、クレードルを使った有線接続ができないので、タイミングがシビアなゲームには向かない可能性も。
クレードルが使える機種では、WiMAX端末の「URoad Aero」の取り扱いもありますが、クレードルは別売りになっています。
ニフティー

UQ

WiMAXの本家なので、サイトの情報も豊富です。
WiMAX2+端末は800円、WiMAX端末は1円で購入可能。他に登録料3000円が必要です。
WiMAX2+端末は1種しかありませんが、WiMAXは2種から選択可能でした。
ただ、「URoad Aero」はクレードルセットが品切れ、有線LANも併用するなら据え置きタイプの「URoad-Home」しかありません。
WiMAX2+機種の場合、LAN接続も可能なクレードルはありませんが、置くだけ充電のQi(チー)企画準拠のスタンドなら何でも使えます。
UQ

So-net

初期費用3000円がWiMAXでもWiMAX2+でもかかります。
端末はどちらも0円、高額So-netポイントプレゼント(WiMAX2+ならタブレットとポイントのどちらかが選べる)を実施しており、キャンペーンはかなりお得感があります。
WiMAX2+は1機種のみ、WiMAXも品薄になっており「URoad Aero 」のクレードルセットのみ。
これも発送が遅れるかもとのこと。
事実上WiMAX2+端末しか選択肢がない可能性もあり、そこは心配な点です。
So-net

人気プロバイダとクレードル付属の有無

プロバイダ

 

人気(おすすめ機種)

クレードル 有無

給電

有線LAN接続

とくとくBB

ワイマックス AtermWM3800R 同時購入のみ2500円
ワイマックス2 Wifi WALKER WiMAX2+ HWD14 別売3,500円 ×

ビッグローブ

ワイマックス URoad-Aero 有(0円)
ワイマックス2 Wifi WALKER WiMAX2+ HWD14 別売3,500円 ×

ニフティー

ワイマックス URoad-Aero 有(0円)
ワイマックス2 Wifi WALKER WiMAX2+ HWD14 別売3,500円 ×

UQ

ワイマックス URoad-Home 有(0円)
ワイマックス2 Wifi WALKER WiMAX2+ HWD14 別売3,500円 ×

So-net

ワイマックス URoad-Aero 有(0円)
ワイマックス2 Wifi WALKER WiMAX2+ HWD14 別売3,500円 ×

 

 

WiMAXなら動画の視聴も安心【体験レポート】

先日契約したwimax回線がとても優秀なので助かっています。

 

利用方法は主にインターネットですが、気になっていた速度に関しても
素人の私が利用する分には問題が無く、仕事で使っている主人も快適に利用する事が出来ると言っています。

 

特に便利だと感じたポイントは、通信規制が一切ないという事です。
実は以前、スマートフォンのLTE回線を利用してインターネットをしていた時に、
通信量によって規制があるという事を知らずに使用していた時がありました。

 

その時は、パソコンで高画質のドラマを見ていたのであっという間に通信量を超えてしまい、
その日のうちにメールも出来ない程に速度が落ちてしまいました。
早くて便利だと感じていたLTE回線には意外な盲点があったので、私個人的にはショックな出来事でした。

 

最近はずっとwimax回線を使用してパソコンで動画を見ていますが、
何時間見ても通信規制などがなく通信量によって料金が高くなるという事もないので、
毎日快適に使用する事が出来ています。

 

LTE回線を使用する時のように、料金面でストレスを感じないという事が最大のメリットですね。
これからもwimaxを使用していきたいと思いました。

WiMAXは田舎でも使用する事が出来ます【体験レポート】

この間、インターネットキャンペーンに釣られてwimaxを契約したんですが、
値段が安い割には速度も安定していて契約して良かったと思っています。

 

月々の利用料金はキャンペーン価格なのでしばらくは低価格でインターネットを楽しめそうです。

 

一番便利だと感じているのは何処にいてもインターネットを使用する事が出来るという点で、
LTEの電波が入らないような場所でもWiMAXの電波は届くので便利だと思いました。

 

特に、実家が群馬県の山奥にもかかわらずWiMAXの電波は届いた事に驚きました。
スマートフォンの3G回線では通信速度が遅い…と感じていましたが、
wimaxの電波を使って快適に通信する事が出来たので助かりましたね。

 

また、いわゆる通信量による速度の規制もないので、動画サイトでアニメや長編ドラマなどを
高画質で楽しむ事が出来るという点が素晴らしいです。

 

wimaxはただ安いだけというイメージがありましたが、広い範囲で使用する事が出来て
月々の利用料金もLTEに比べると安価なので、契約して良かった通信回線です。

 

最近はあまりにも使用感が良いので、
私と同じように無線でインターネットを楽しみたいと言っている友人にも、wimaxの契約を勧めています。

 

更新履歴